犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目が 白濁している!この症状、危険です

犬の芽が白濁しているとき、
どのような病気が考えられるのでしょうか?

 

犬の目が白濁するとき、
大きく分けて以下の2種類の症状に、
分けられます。

 

犬の目が白濁するときの症状
眼球の表面が白濁している
水晶体が白濁している

 

犬の目が白濁している時の病気

 

犬の目が白濁している時、
以下のような病気が考えられます。

 

犬の目が白濁しているときの病気例
白内障
  • 核硬化症
  • 角膜炎
  • 角膜潰瘍

 

白内障による目の白濁について

 

白内障により白濁するのは、
水晶体です。

 

目の水晶体は白濁することにより、
犬の視力は低下。

 

そして歩行がおぼつかなくなったり、
良く物に当たるようになります。

 

特に、
階段などの段差につまづくことが多くなります。

 

白内障の発見について

 

白内障になると、
犬は歩くときに異常が出ます。

 

このため気付きやすいと思われがちですが、
初期症状の段階だと、
歩くのに支障が出にくい傾向があります。

 

このため白内障であることの発見が、
遅れやすいので注意が必要です。

 

核硬化症による目の白濁について

 

核硬化症という病気によって、
犬の目が白濁することがあります。

 

核硬化症は、
老化により水晶体の中心部が、
白く見えるようになる病気です。

 

核硬化症になっても、
視力を失う可能性は少ないそうです。

 

そして核硬化症であれば、
治療の必要はありません。

 

角膜炎による目の白濁について

 

角膜炎によって、
犬の目が白濁することがあります。

 

角膜炎はその名前の通り、
角膜の炎症が原因です。

 

場合によっては、
角膜に穴が開く角膜潰瘍に、
なってしまうこともあります。

 

角膜炎になった犬の反応

 

角膜炎になった犬は、
目が白濁するだけでなく、
以下のような反応を示します。

 

角膜炎になった犬の反応
  • 目をよくこするようになる
  • 床や壁に顔をこすりつける
  • 目をしょぼしょぼとさせる
  • 光を眩しがる
  • たくさんの目やにが出るようになる
  • 涙が出やすくなる

 

角膜潰瘍による目の白濁について

 

角膜炎が悪化すると、
一部が白く濁るようになります。

 

この状態を角膜潰瘍と言い、
光を当ててよく見てみると、
眼球に一部が削り取られているかのような、
おかしな部分が見つかります。

 

角膜潰瘍になる原因
犬が眼球をこすり続けて傷が悪化
角膜を尖った物で傷つけてしまう

 

角膜潰瘍の治療について

 

角膜潰瘍はかなりひどい状態のように、
感じられるかもしれません。

 

ですが多くの場合は、
目薬や抗生剤などを、
一定期間投与することで治ります。

 

ただ重症になると、
手術が必要になります。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の目が白い
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。
犬の目が傷で白い!
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。