犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目が!充血してしょぼしょぼな時の原因は?

犬の目が充血している上に、しょぼしょぼしている。

しょぼしょぼ

 

そんな時、犬というのは元気がなくなったり、奇妙な行動を取ったりします。

 

だから飼い主からすると、凄く心配になりますよね。

 

目がしょぼしょぼしていたり半開きなら

 

犬の目に異常もがあるとき、涙が大量に出ることが多いです。

 

また、なんらかの目に痛みがあるサインを、目の開き方や奇行という形で出すことがあるので、注意深く犬を観察する必要があります。

 

では、犬が何らかのサインを出している場合、どのような目の異常が考えられるのでしょうか?

 

目に傷ができた

しょぼしょぼ

 

犬の目に傷ができると、驚くほど大量の目やにが出るなど、時間が少し経つと異変が起こります。

 

また目に傷が付くと、獣医に駆け込みたくなるほど元気がなくなったり、目を異常に気にするような仕草をしたり、無駄な気をしたりなどします。

 

異物が犬の目に入った

 

愛犬が大人しいのなら、目の中をよく確認してみて下さい。

 

砂や植物の欠片が入っていることがあります。

 

可能であれば、まぶたの裏も確認した方がよいでしょう。

 

異物を見つけたら、ホウ酸水を点眼するなどして、異物を洗い流しましょう。

 

もし除去ができないようでしたら、無理に取ろうとせず動物病院に行きましょうね。

 

犬が結膜炎に罹った

犬

 

犬の目が青白くなっていたり、黒目の部分がもう片方の目と比べて、サイズが大きかったり小さかったりする。白目の部分が充血している。

 

こういった場合、犬が結膜炎に罹っている場合があります。

 

犬がドライアイに罹った

 

ドライアイというのは、涙の分泌が減ってしまい、やがて結膜や角膜に炎症が生じる病気です。

 

目やにが多く出たり、目の周りに汚れが出たり、結膜の出血などが起こることが多くあります。

 

目をしょぼしょぼさせることが多いので、もしアナタが愛犬がめをしょぼしょぼさせることを気にして、この記事を探しあてたとすれば、ドライアイの可能性が高いかもしれません。

 

犬に逆さまつ毛が生えた

 

異物などの異常がなく、白目にも黒目にも異常が見られない。

 

でも、犬が目をしょぼしょぼさせている。

 

この場合、逆さまつ毛が生えている可能性があります。

 

心当たりがある場合は、早めに動物病院で診察した方がよいでしょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の目がしょぼしょぼ……その原因は?
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。