犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目が充血して開かない!原因となる病気は?

犬の目が充血などしている上に開かない……心配になりますよね。

 

このような時は、どのような原因が考えられるのでしょうか?

 

犬の目が開かない状態

犬

 

犬の目が開かない場合は、犬が痛みを感じている場合が多いとされています。

 

これは、目をショボショボさせている場合も同様です。

 

犬の目が開かないときの原因

 

犬の目が開かない原因は、数多くあります。

 

特に多い原因が以下のような病気です。

 

犬の目が開かないときに多い病気
  • 結膜炎
  • 角膜炎
  • ぶどう膜炎
  • 前房出血
  • ドライアイ
  • レプトスピラ症
  • チェリーアイ

 

結膜炎とは?

目

 

犬の目が赤くなる時、もっとも多い原因です。

 

結膜というのは、白目とまぶたの裏側を覆っている部分です。

 

これらの部分が充血している場合、結膜炎の可能性が高いでしょう。

 

また結膜炎になると、目やにや涙が増えたり、足で目を掻いたり目をものにこすりつけるようになったりします。

 

結膜炎になる原因

 

結膜炎になる原因というのは、細菌やウイルスへの感染。

 

ゴミや怪我目に入った場合やアレルギーンドが考えられます。

 

角膜炎とは?

充血

 

角膜炎というのは、黒目の表面を覆う角膜という膜が炎症を起こした状態です。

 

原因となるのは、角膜が受けたダメージを修復するために、血管を新しく作り直すことです。

 

このため角膜炎になると、白目から黒目に向かって、赤く血管が伸びているのが見えます。

 

角膜炎になる原因

 

角膜炎の原因として多いのが、細菌やウイルスの感染、また目の傷であることが多いです。

 

ぶどう膜炎とは?

開かない

 

白目が充血している時、ぶどう膜という部分が炎症を起こしているのかもしれません。

 

ぶどう膜というのは、目の中でも血管が多い部分で、異常があるとすぐに充血します。

 

症状は結膜炎に近く、違いは痛みを取んなうことが多いことです。

 

ぶどう膜炎になる原因

 

ぶどう膜炎になる原因は、細菌やウイルスの感染。

 

角膜炎や結膜炎から波及する。

 

遺伝やアレルギーなどです。

 

前房出血とは?

犬

 

赤くなっているのが黒目である場合は、前房出血の可能性があります

 

前房出血になると視力が低下しますので、治療が必要となってきます。

 

前房出血の原因

 

前房出血の原因は、打撲や腫瘍、緑内障などです。

 

ドライアイとは?

 

ドライアイになると目を保護する涙の量が減り、炎症を起こしやすくなります。

 

この結果、様々な目の病気を併発しやすくなります。

 

ドライアイの原因

 

ドライアイの原因として、免疫機能による涙腺の破壊。

 

チェリーアイの手術による副作用などです。

 

レプトスピラ症とは?

犬

 

レプトスピラ症という菌が原因となる病気です。

 

レプトスピラ症の症状として、発熱や食欲の低下、おう吐や血便、下痢などが挙げられます。

 

チェリーアイとは?

 

犬の眼がしらに、赤い袋状の膨らんだ物ができることがあります。

 

この膨らみが出来ると、チェリー愛という症状です。

 

この時出来た袋状の物というのは、瞬膜にある腺が大きくなって炎症を起こした物です。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の目が開かない原因
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。
犬の目が開かない原因!色々とあるトラブル
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。