犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目について

犬の目は色々なことが理由となり、
健康を失います。

 

病気になって目が赤くなったり、
傷ついて瞼を開かなくなったり、
犬が目の健康を失う原因には色々とあります。

 

ですが健康な状態ではなくなっても、
犬は言葉を話せないため、
飼い主さんが犬の健康状態に気付くしかありません。

 

犬の目に起こった異変をいち早く気づくためにも、
目について勉強をしておきましょう。

 

 

↓ ↓ 目の豆知識に関する詳細記事一覧はこちら ↓ ↓

犬の目の豆知識記事一覧

犬と人間の目の構造は、とても似ていますでも当然違いもあって──犬と人間の目の違い水晶体の厚さ ○人間は4mmで犬は8mm輝膜(こうまく)が犬の目にはある ○輝膜は”こうまく”と読む   輝膜は反射板のような部分   →これがあるので暗い場所でも犬は歩ける ○夜犬の目が光って見えるのは輝膜の影響犬の目と人間の目は構造が近いから犬は動物だから、生命力が強いと思われています。だから目についても、生命力が...

犬の目が写真を撮ったときなんかに、赤い光を反射している時があります。これは人間の赤目と呼ばれる現象と同じ場合もありますし、犬や猫の目特有の細胞による影響もあります。犬や猫の目犬や猫のような夜に活動する動物は、夜でも周囲を確認できるように目の中に光を反射させる仕組みをもっています。この仕組みの影響で、赤や緑に目が光ります。犬や猫の目が光る原因の細胞犬や猫の目には、少ない光を反射できる細胞があります。...