犬に目薬!ドライアイの兆候を見逃すな

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬に目薬!ドライアイの兆候を見逃すな

 

犬も人間と同様にドライアイになる事があります。このとき、目薬を使うなどして、症状を和らげる事になります。

 

ドライアイ

 

犬のドライアイ

 

犬のドライアイの原因は人間と同じで、涙の分泌不足が大きな要因となります。ですが犬の場合は、目の形状に問題がある場合も、犬種によっては多くあるようです。

 

また、自己免疫性疾患の一種が原因であることもあります。

 

ドライアイになった状態というのは、角膜に涙が行きわたっていない状態です。この結果、角膜が傷ついたり炎症がおきたりします。

 

犬のドライアイの症状

 

犬がドライアイになると、色々な症状が出ます。

 

乾いた角膜や結膜が傷つきやすくなり、炎症が生じる。涙を通した角膜への栄養補給が出来ないため、血管が角膜上に出てしまい、角膜の色が変わったりもします。

 

ときには、角膜の傷が治りにくいため些細な傷により失明することも──。

 

犬がドライアイになった時の特徴

 

犬がドライアイになると、目に感じる強い痛みに対して何らかの反応をするようになります。

 

まぶたの開きが小さくなる、目をショボショボさせる、まばたきの回数が増える、目を痛がる様子を見せるなどです。また、目やにが増える場合もあります。

 

犬のドライアイの治療

 

犬のドライアイの治療は、点眼薬や軟膏などを使います。これらの使い分けは、原因や症状を調べてそれを参考に行われることになります。

 

点眼薬の場合は1日に複数回の点眼を行い、涙の量を補充します。

 

軟膏は、目の表面に溜まりやすい性質を利用して使われます。例えば自己免疫性疾患が原因で涙の生産量が少ない場合、免疫抑制剤の軟膏を使ったりします。

 

また、感染が起こっている場合は抗生剤を使う場合もありますよ。

 

あとは、形成手術を行う場合もありますね。まぶたの形状に問題がある場合などに行われます。

 

犬のドライアイの予防方法は?

 

犬種によってはドライアイになりやすい場合があります。ですからあなたの愛犬が、ドライアイになりやすい犬種であると知る事があったら、日頃から注意をした方がよいでしょう。

 

ドライアイを完全に予防するのは難しいとされています。ですが、早期発見をするためにも普段からよく観察をしましょう。早期発見が出来れば、愛犬の目がドライアイにより深刻な状態にならずに済みます。

 

目が赤い、目やにが増えたなどは、特に発見しやすいハズです。

 

また、目にシャンプーが入った場合には、点眼薬を使って洗い流すことも大切です。

 

犬は目薬を嫌がりますから、チョットしたコツが必要です。

 

犬が目薬を嫌がる!

 

終わりに

 

ドライアイの原因は多く存在しております。

 

原因を知るのは難しい物です。しかし、ドライアイの症状は目が赤くなったり痛そうにしたり、まばたきが増えたりと、飼い主が分かりやすい形で現れます。

 

ですが、日頃から愛犬を観察していないと異変は見逃しやすいもです。愛犬の目をチェックする習慣を身につけるようにしましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬が目薬を嫌がる!
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。
犬の目薬と人間用の違い
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。