犬の目にできものが!黒い塊の正体は?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目にできものが!黒い塊の正体は?

犬の目というか、瞼(まぶた)などの目の周りに黒い塊がつくことがあります。いくつか原因は考えられますが。マイボーム線腫やマダニという場合も多くあります。

 

できもの

 

マイボーム線腫について

 

マイボーム線腫というのは、5歳以上の高齢犬のまぶたの表面にできます。形状は突起状のイボ。良性腫瘍であることが多いのですが、ときおり悪性の物もあるので注意が必要です。

 

とくにまつ毛の生え際に多く生えて、時間が経つにつれて大きくなっていきます。

 

マダニについて

 

マダニというのは、犬の体のどこにでもつきますが時として、まぶたの上などにもつきます。血を吸ったマダニは赤黒い血豆のようになるので、一見するとできもののように見えます。

 

このマダニですが、大きくなると皮膚に食い込んでしまい離れなくなります。ですから、早めにフロントラインを使うなどして話す必要があります。

 

犬の黒いできものについて

 

犬にできる黒い出来物は、目の周りであるかどうかに関わらず悪性腫瘍の癌である可能性もあります。特にイボが大きくなり、痒みや痛みが伴う場合には注意です。

 

また、悪性の物は徐々に硬くなってくるという特徴もあります。

 

こういった特徴があるのですが、良性か悪性かの判断は難しいので獣医師の先生と早めに相談した方が良いでしょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の目の病気!腫瘍について
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。