犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目の腫瘍

犬の目にも、人間と同様に腫瘍ができる子おtがあります。

 

目にできる腫瘍は、失明の危険があるので早めに処置をしましょう。

 

 

↓ ↓ 目の腫瘍に関する詳細記事一覧はこちら ↓ ↓

犬の目の腫瘍記事一覧

犬の目の病気として、深刻な結果になりやすい物に腫瘍があります。犬の目にできる腫瘍とは、眼球や関係組織に発生した癌のことを指します。犬の目に出来る悪性腫瘍について犬の目に出来る悪性腫瘍は、全体の10%以下だとされています。多くの腫瘍が良性ですが、少々問題があります。目の視覚機能に関連した組織は、中枢神経系に接している。このため目に出来た腫瘍というのは、両性であっても視神経を圧迫するなどして、失明など...

犬の目というか、瞼(まぶた)などの目の周りに黒い塊がつくことがあります。いくつか原因は考えられますが。マイボーム線腫やマダニという場合も多くあります。マイボーム線腫についてマイボーム線腫というのは、5歳以上の高齢犬のまぶたの表面にできます。形状は突起状のイボ。良性腫瘍であることが多いのですが、ときおり悪性の物もあるので注意が必要です。とくにまつ毛の生え際に多く生えて、時間が経つにつれて大きくなって...