犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の下瞼の裏が赤い!原因は色々あるけど可能性が高いのは?

犬の下瞼の裏が赤い場合は、結膜炎の可能性が最も高いとされています。

 

では、結膜炎とはどんな病気なのでしょうか?

 

下瞼の裏が赤い

 

結膜炎

 

下瞼の裏や白目が充血している場合、特に可能性が高いのは結膜炎や角膜炎だとされています。

 

結膜炎というのは、瞼(まぶた)の裏側を覆う結膜が腫れて痛みやかゆみが出ます。このため犬は目を気にしたり、涙が大量に出たり、前足や床などを使って目を擦るなどの行動をとるようになりまs。

 

結膜炎の原因

 

瞼(まぶた)の裏側が片目だけ現れているのなら異物が入って、結膜を刺激している可能性があります。

 

もし両目に症状が現れているのであれば、アレルギーや最近の可能性があります。

 

治療について

 

一般的には、点眼薬や難航の使用が中心となります。

 

ですが異物が入っていたり細菌感染などの場合は、根本の問題を取り除く治療も必要となります。

 

なお、治療後はエリザベスカラーを使って目をこすらせないように注意をしましょう。

 

犬の瞼(まぶた)や目の周りが赤い場合

 

犬の瞼(まぶた)や目の周りが赤い場合、結膜炎以外の病気も考えられます。

 

代表的なのが──

  • 眼瞼炎
  • 眼瞼内反症・外反症

 

この2つです。

 

これらの病気は、目の周りの上瞼や下瞼が赤く脱毛している、腫れているなどの場合に考えられます。

 

下瞼の裏が赤い

 

眼瞼炎について

 

症状は目の周りに現れます。腫れたり脱毛したりして、犬は瞬きが増えるなどの行動をとるようになります。

 

また、痛みやかゆみを感じるため目を気にして擦る仕草も犬はとるようになります。

 

化膿して膿が出たり、慢性化することで皮膚が固くなってしまいます。こうなると治りにくくなるので、早めの治療が求められます。

 

眼瞼炎の原因は?

 

眼瞼炎の原因となるのは、寄生虫、細菌感染、外傷、アレルギー性皮膚炎などです。

 

他の病気から派生することもあり、その場合は結膜炎やドライアイが原因となります。

 

眼瞼炎の治療について

 

眼瞼炎は、点眼薬や抗生物質が使用されます。

 

眼瞼内反症

 

眼瞼内反症は、まぶたが内側に巻き込まれている状態です。逆さまつ毛とも呼ばれており、遺伝が原因である場合がほとんどとされています。

 

一方で、外反症は、まぶたが外側に目くれている状態となります。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の目が腫れている?目の周りに気になる腫れがあるのなら
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。