犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目が腫れている?目の周りに気になる腫れがあるのなら

犬の目の周りに、
気になる腫れがある!

 

このようなとき、
何が原因と考えられるのでしょう?

 

犬の目が腫れる原因

 

犬の目が腫れる原因には、
いくつか候補があります。

 

ではどのような原因が、
犬の目の周りを腫れさせるのでしょうか?

 

犬の目が腫れる原因1:ものもらい

 

犬にもものもらいがあります。

 

このものもらいも、
犬の目が腫れる原因の一つです。

 

ものもらいは、
麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と呼ばれています。

 

他にもマイボーム、腺炎、マイボーム腺腫など、
複数の呼び名が存在しています。

 

ものもらいになったときの症状

 

ものもらいになると、
まぶたが赤く腫れます。

 

まぶたに存在する、
脂分の分泌線の可能が理由です。

 

ものもらいの原因

 

犬のものもらいも、
人間と同じように細菌の感染です。

 

自然治癒する場合も多いですが、
抗生剤を使って治療をすることも多いです。

 

犬の目が腫れる原因2:眼瞼炎

 

犬の目が腫れる原因として、
眼瞼炎(がんけんえん)が考えられます。

 

眼瞼炎に罹った犬は、
まぶたや目の周りが赤くはれてしまいます。

 

かゆみや痛みが生じるため、
物に目をこすりつける動作などが、
見られるようになります。

 

それに涙の量が増えたり、
目をショボショボさせるなども、
見られるようになります。

 

眼瞼炎の原因

 

眼瞼炎の原因となるのは、
結膜炎や角膜炎からの波及。

 

あと細菌やウイルスへの感染や、
ダニの寄生などが考えられます。

 

この中で特に多いのが、
結膜炎や角膜炎からの波及です。

 

結膜炎や角膜炎になり、
目をこすりつけるなどの行為を犬がして、
目に付けた傷が眼瞼炎の原因となります。

 

眼瞼炎の治療

 

眼瞼炎の治療には、
目薬を使うことになります。

 

そして角膜炎などが原因の場合は、
そちらの治療も並行して、
行うことになります。

 

犬の目が腫れる原因3:眼瞼内反症

 

犬の目が腫れる原因として、
まぶたを支える靭帯の異常が考えられます。

 

これは実際に腫れているのではなく、
腫れているように見えるだけなのですが──。

 

まぶたを支える靭帯に異常が起こると、
まぶたが内側に入り込んでしまうことがあります。

 

この結果目の下側が、
腫れているように見えるようになります。

 

眼瞼内反症は角膜炎の原因に

 

眼瞼内反症になると、
眼球にまぶたが刺激を与え続け、
角膜炎などを起こします。

 

さらに眼瞼炎の原因にもなるので、
放置しておくわけにはいきません。

 

眼瞼内反症の治療は、
手術を行いまぶたの位置を、
正すことになります。

 

犬の目が腫れる原因4:アレルギー

 

犬の目が腫れる原因として、
アレルギーが考えられます。

 

アレルギーになると、
犬の目の周りが腫れてしまいます。

 

多くの場合、
上まぶたが赤く腫れることになります。

 

アレルギーの原因

 

アレルギーの原因として、
以下のような原因が考えられます。

 

アレルギーの原因
  • 食べ物
  • 散歩
  • ワクチン

 

犬の目が腫れる原因5:副鼻腔炎

 

副鼻腔炎という病気が悪化すると、
目の下側が腫れてしまうことがあります。

 

この場合、
目の下側と共に鼻の奥でも、
炎症が起こっています。

 

副鼻腔炎の症状

 

副鼻腔炎に犬がかかった場合、
鼻詰まりや鼻水の症状が、
見られるハズです。

 

ですから犬の目の周りが腫れた場合、
目の周りだけでなく鼻にも注目してみましょう。

 

犬の目が腫れる原因6:歯周病

 

犬の目が腫れる原因として、
歯周病も候補として考えられます。

 

歯周病が悪化すると、
目の下が腫れてしまいます。

 

これは歯の根元から、
目の下まで歯周病が進行した結果です。

 

犬の多くが歯周病だと言われているので、
私たちが思うよりも、ずっと可能性が高い原因です。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の下瞼の裏が赤い!原因は色々あるけど可能性が高いのは?
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。