犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目が赤い!黒目、透明な部分が真っ赤なら?

犬の目が赤いとき、
眼球を確認してみて下さい。

 

もし黒目の部分が赤い場合、
前房出血の可能性があります。

 

前眼房とは?

 

前眼房とは、
眼のレンズの前にある部分です。

 

黒目の部分は、
表面を角膜と言います。

 

その奥は虹彩(こうさい)と呼ばれます。

 

角膜と虹彩の間には、
液体状の前眼房があります。

 

前房出血とは?

 

犬の黒目の部分が赤いとき、
この前房出血の可能性があります。

 

では前房出血とは、
どのような状態なのでしょうか?

 

前眼房とは、
先に書いたように液状です。

 

この前眼房の液体を、
房水と呼びます。

 

房水に血液が混じり、
犬の目が赤くなるのです。

 

前房出血の原因

 

前房出血の原因には、
どのような物があるのでしょうか?

 

代表的な原因をまとめてみると──

 

前房出血の原因例
  • 目の打撲
  • 腫瘍(しゅよう)が
  • 外傷
  • 血液の凝固異常、
  • 血管の異常
  • ぶどう膜炎
  • 網膜剥離
  • 緑内障

 

前房出血の症状

 

前房出血になると、
犬の目の透明なハズの部分が、
真っ赤になってしまいます。

 

ですから発見は、
難しくはないでしょう。

 

前房出血の治療

 

前房出血の治療は、
原因となる病気に対する治療から入り、
出血が治まるのを待つというパターンが多いようです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の目が赤い原因は?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
愛犬の目が赤い!下瞼の裏や白目が赤くなっている場合は結膜炎?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!白目や下まぶたが赤いのなら結膜炎かも
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
愛犬の目が赤い!目頭が赤くはれているのなら?
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。
犬の白目の部分が赤い!緑内障が原因かも?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤いのなら、ぶどう膜炎の可能性が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!レプトスピラ症の可能性を考えて
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目に透明の膜が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。