犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目に透明の膜があるのは正常!でも、こんな状況は危険!!

犬の目に赤い膜が……これは瞬膜に異常がある状態かもしれません。

 

瞬膜とは?

犬

 

犬のまぶたの裏側。

 

ここに白っぽい透明な膜が存在しており、この膜を瞬膜や第三眼瞼(だいさんがんけん)と呼びます。

 

目に白い膜があるだけであれば、心配する必要はありません。

 

ただ、本来であれば目を開けている状態だと瞬膜は、目尻側に入り込むので、ほとんど見えなくなります。ですから、あまりにも瞬膜が出てしまっている場合は、注意が必要だと思いますが──。

 

瞬膜の役割

犬

 

瞬膜というのは、目を保護するために存在しています。

 

また瞬膜には、涙を作るための腺があrって、瞬きをすることで涙を目全体に行きわたらせます。

 

瞬膜が飛び出している状態

 

犬というのは、瞬膜が飛び出した状態になることがあります。

 

瞬膜が飛び出す状態というのは、炎症がおきたりした異常な状態であることが多いです。

 

瞬膜が飛び出す原因
体調不良や免疫低下など

 発熱、細菌や寄生虫への感染、下痢、嘔吐
神経に異常が出ている
 瞬膜が飛び出る以外の症状も出やすい
目に痛みがある
 片方だけ瞬膜が飛び出る
チェリーアイ
 瞬膜にある瞬膜腺が赤く腫れた状態

 

このようなことが原因で、瞬膜が犬の目が飛び出ることがあります。

 

体調不良が原因であれば、体調が治れば瞬膜も戻ることが多くありますが、瞬膜の状態によっては医師に診てもらう必要もありますから注意しましょうね。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の目が赤い原因は?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
愛犬の目が赤い!下瞼の裏や白目が赤くなっている場合は結膜炎?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!白目や下まぶたが赤いのなら結膜炎かも
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
愛犬の目が赤い!目頭が赤くはれているのなら?
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。
犬の目が赤い!黒目、透明な部分が真っ赤なら?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の白目の部分が赤い!緑内障が原因かも?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤いのなら、ぶどう膜炎の可能性が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!レプトスピラ症の可能性を考えて
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。