犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目が赤い原因は?

犬の目が赤い……。

 

この場合、角膜や結膜の炎症はど、いくつか原因が考えられます。

 

でもどのような症状であろうとも、犬の目が赤くなってい場合には、共通する注意点があって──

 

犬の目が赤くなってい場合の注意点
  • 放置は重症化のもと
  • 放置すると別の病気になるかも
  • 初期の症状では病気の判別は難しい

 

こういった点には注意したい所です。

 

少なくとも素人判断は危険だから、様子を見て時間をおかずに早く病院へと行った方が良いとされています。

 

愛犬の目について知っておいた方が良いのも事実

犬,目やに

獣医に愛犬の異変を知らせるためにも、目の病気についてある程度は知っておいた方が良い。

 

なぜなら獣医に愛犬の症状を伝えるには、どの部分が赤いのかを把握する必要があるかですら。

 

目の赤い部分によっては、以下のような病気が心配されるます。

 

犬の目が赤い場合の病気例
  • 下まぶたの裏側や白眼が赤い場合
      角膜炎(かくまくえん)
      結膜炎(けつまくえん)
      乾性角結膜炎
  • 目頭が赤くはれている場合
      眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)
      眼瞼炎(がんけんえん)
  • 黒目の部分が赤い場合
      緑内障(りょくないしょう)
      前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)
      心臓病(しんぞうびょう)

【スポンサーリンク】

関連ページ

愛犬の目が赤い!下瞼の裏や白目が赤くなっている場合は結膜炎?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!白目や下まぶたが赤いのなら結膜炎かも
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
愛犬の目が赤い!目頭が赤くはれているのなら?
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。
犬の目が赤い!黒目、透明な部分が真っ赤なら?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の白目の部分が赤い!緑内障が原因かも?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤いのなら、ぶどう膜炎の可能性が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!レプトスピラ症の可能性を考えて
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目に透明の膜が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。