犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

愛犬の目が赤い!目頭が赤くはれているのなら?

犬の目が赤い場合、
目のどの部分が赤いのか確認してください。

 

もし赤い部分が、
目頭であれば瞬膜露出症の可能性があります。

 

瞬膜露出症について

 

瞬膜露出症になると、
目頭の瞬膜という部分が、
さくらんぼのように赤く膨らんでしまいます。

 

そして、この瞬膜露出症には、
いくつかの別称があります。

 

瞬膜露出症の別称
  • 瞬膜腺の脱出
  • 瞬膜腺の突出
  • チェリーアイ

 

瞬膜露出症で犬の目が赤い時の症状

 

瞬膜露出症になると、
目頭の瞬膜と呼ばれる部分が、
不自然に膨らんでしまいます。

 

具体的には、
両目の内側のまぶたと眼球との間に、
膜状の組織である瞬膜が存在します。

 

瞬膜露出症になると、
この瞬膜が目頭から突出するかのように、
赤くはれた状態になります。

 

この状態になると、
目頭が常に不愉快になり、
犬は目をこすったりしてしまいます。

 

この結果、
結膜炎や角膜炎の原因となり、
更に症状が悪化する可能性があります。

 

瞬膜露出症の治療

 

犬の目に、
不自然な赤い突出物が現れる、
瞬膜露出症。

 

残念なことに犬の瞬膜露出症は、
点眼液などの内科療法で、
良い結果を得られることが少ないとされています。

 

症状が酷い場合は、
犬に麻酔を掛けて切除ということにないrます。

 

この手術により、
多くの場合は治りますが、
ドライアイになってしまいます。

 

このため切除を避ける手術方法が、
選ばれることが多いようです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の目が赤い原因は?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
愛犬の目が赤い!下瞼の裏や白目が赤くなっている場合は結膜炎?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!白目や下まぶたが赤いのなら結膜炎かも
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!黒目、透明な部分が真っ赤なら?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の白目の部分が赤い!緑内障が原因かも?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤いのなら、ぶどう膜炎の可能性が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!レプトスピラ症の可能性を考えて
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目に透明の膜が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。