犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

犬の目が赤い!白目や下まぶたが赤いのなら結膜炎かも

犬の目が赤い場合、白目や下瞼(まぶた)の裏が赤いのなら角膜炎の可能性があります。

 

角膜とは?

 

角膜というのは、目の表面を覆う透明な層のことです。

 

角膜炎の対処は早めに

犬,目やに

犬の目が赤くなった原因が角膜炎であった場合、早めに対処したいところです。

 

早めに対処することで、あっさりと治る場合が多いです。

 

でも少し遅くなっただけで、治療が難航することがあります。

 

角膜炎の治療が難航する理由

少し目が赤い程度だからといって、角膜炎を放置して炎症が長引いた場合、少し面倒なことになります。

 

透明なハズの角膜が黒ずんできたり、血管が新生してしまいます。

 

こういう段階になると、犬の角膜炎の治療が、難航してしまうかもしれません。

 

犬の目を赤くする角膜炎の症状

犬,目やに

角膜炎と言っても、病態には色々な種類があります。

 

でも共通する症状もあって──

 

犬の角膜炎の症状
  • 白目の部分が充血する
  • 目を痛がる仕草をする
  • 目がショボショボする
  • 目脂が出る
  • 涙が出る

 

この3つの症状は、飼い主がすぐに発見できるハズ。

 

酷い状態になると、目全体が白く濁ってしまいます。

 

この段階になっていたら、すぐにでも獣医師に診せましょう。

 

角膜炎の原因

犬,目やに

犬の目が赤い時に疑われる角膜炎。

 

角膜炎に犬がなった原因には、様々な要因が考えられます。

 

あまりにも原因が多すぎて、例を挙げるるのが難しいほどです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の目が赤い原因は?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
愛犬の目が赤い!下瞼の裏や白目が赤くなっている場合は結膜炎?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
愛犬の目が赤い!目頭が赤くはれているのなら?
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。
犬の目が赤い!黒目、透明な部分が真っ赤なら?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の白目の部分が赤い!緑内障が原因かも?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤いのなら、ぶどう膜炎の可能性が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!レプトスピラ症の可能性を考えて
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目に透明の膜が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。