犬の目に関する健康事典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

愛犬の目が赤い!下瞼の裏や白目が赤くなっている場合は結膜炎?

犬の目が赤い場合、もし下瞼(まぶた)の裏や白目に症状が出ているのなら?

 

結膜炎や角膜炎である可能性が心配されます。

 

犬の結膜炎について

犬,目やに

犬の結膜炎も人間と同様に、しっかりと点眼による治療を行えば悪化せずに回復します。

 

もし点眼を行っても目が赤い状態から回復しない場合、他の病気である可能性があります。

 

このような場合は、点眼で治らない旨を獣医師に伝えて治療方法の見直しを行いましょう。

 

犬の結膜炎の症状は?

犬,目やに

犬の白目などが赤いのなら、結膜炎の可能性があります。

 

結膜炎と言うのは、ホコリなどによる刺激により結膜が炎症を起こす病気です。

 

犬の結膜炎の症状は、代表的な物をまとめると以下のようになります。

 

犬の結膜炎の症状
  • 目が充血する
  • 目がショボショボする
  • 目をつぶることが多い
  • 目脂が出る
  • 涙が出る

 

上記のような症状が出て、犬が目を気にした行動をとるようになります。

 

結膜とは?

 

結膜というのは、犬が目を開いたときに見えるピンク色の膜の部分を指します。

 

犬が結膜炎になる原因は?

犬,目やに

結膜は常に外気に触れております。

 

このため空気中を彷徨う物質や、犬の睫毛が目に当たるなどして結膜が炎症を起こす場合があります。

 

では、どのような物質が、犬の角膜炎の原因になるのかというと──

 

犬の結膜炎の原因になる物質の例
  • 細菌
  • ウイルス
  • 化学物質
  • ほこり
  • 花粉
  • 犬の睫毛

 

こういった刺激物以外にも、目の乾燥が原因で結膜が炎症を起こすことがあるから注意しましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

犬の目が赤い原因は?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!白目や下まぶたが赤いのなら結膜炎かも
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
愛犬の目が赤い!目頭が赤くはれているのなら?
愛犬の目が少しおかしい……そんな時、心配になりますよね。このサイトでは、犬の目に関する情報をまとめております。大切な愛犬の目を守る情報をお探しの方のお役にたてれば幸いです。
犬の目が赤い!黒目、透明な部分が真っ赤なら?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の白目の部分が赤い!緑内障が原因かも?
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤いのなら、ぶどう膜炎の可能性が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目が赤い!レプトスピラ症の可能性を考えて
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。
犬の目に透明の膜が!
愛犬の目が赤い。そのとき、赤くなっているのが下瞼(まぶた)の裏や白目の場合、結膜炎や角膜炎の可能性があります。大切な愛犬の目を守るためにも本サイトの情報をお役立て下さい。