犬の目に関する健康事典

犬の目が赤い!

犬の目が赤くなっているとき、どのような原因があるのでしょうか?

 

いくつか気になる原因をまとめました。

 

 

↓ ↓ 目が赤くなる原因関する詳細記事一覧はこちら ↓ ↓

犬の目が赤い記事一覧

犬の目が赤い……。この場合、角膜や結膜の炎症はど、いくつか原因が考えられます。でもどのような症状であろうとも、犬の目が赤くなってい場合には、共通する注意点があって──犬の目が赤くなってい場合の注意点放置は重症化のもと放置すると別の病気になるかも初期の症状では病気の判別は難しいこういった点には注意したい所です。少なくとも素人判断は危険だから、様子を見て時間をおかずに早く病院へと行った方が良いとされて...

犬の目が赤い場合、もし下瞼(まぶた)の裏や白目に症状が出ているのなら?結膜炎や角膜炎である可能性が心配されます。犬の結膜炎について犬の結膜炎も人間と同様に、しっかりと点眼による治療を行えば悪化せずに回復します。もし点眼を行っても目が赤い状態から回復しない場合、他の病気である可能性があります。このような場合は、点眼で治らない旨を獣医師に伝えて治療方法の見直しを行いましょう。犬の結膜炎の症状は?犬の白...

犬の目が赤い場合、白目や下瞼(まぶた)の裏が赤いのなら角膜炎の可能性があります。角膜とは?角膜というのは、目の表面を覆う透明な層のことです。角膜炎の対処は早めに犬の目が赤くなった原因が角膜炎であった場合、早めに対処したいところです。早めに対処することで、あっさりと治る場合が多いです。でも少し遅くなっただけで、治療が難航することがあります。角膜炎の治療が難航する理由少し目が赤い程度だからといって、角...

犬の目が赤い場合、目のどの部分が赤いのか確認してください。もし赤い部分が、目頭であれば瞬膜露出症の可能性があります。瞬膜露出症について瞬膜露出症になると、目頭の瞬膜という部分が、さくらんぼのように赤く膨らんでしまいます。そして、この瞬膜露出症には、いくつかの別称があります。瞬膜露出症の別称瞬膜腺の脱出瞬膜腺の突出チェリーアイ瞬膜露出症で犬の目が赤い時の症状瞬膜露出症になると、目頭の瞬膜と呼ばれる部...

犬の目が赤いとき、眼球を確認してみて下さい。もし黒目の部分が赤い場合、前房出血の可能性があります。前眼房とは?前眼房とは、眼のレンズの前にある部分です。黒目の部分は、表面を角膜と言います。その奥は虹彩(こうさい)と呼ばれます。角膜と虹彩の間には、液体状の前眼房があります。前房出血とは?犬の黒目の部分が赤いとき、この前房出血の可能性があります。では前房出血とは、どのような状態なのでしょうか?前眼房と...

犬の目が赤い場合、緑内障の可能性もあります。ただ緑内障で目が赤くなるのは、一部の研修のみなので、全ての犬に当てはまるわけではありません。緑内障について緑内障というのは、眼圧が原因で起こる病気です。眼球を球状に保とうと、眼球内部からかかる圧力を、眼圧と言います。この眼圧が、高くなってしまったうと、緑内障になります。多くの犬が緑色の目になりますが、一部の犬種は赤い目になります。赤い目になる理由緑内障に...

犬の目が赤いのなら、それは目のどの部分が赤くなっていますか?ぶどう膜炎という炎症に罹ると、犬の白目の部分が赤くなってしまいます。ぶどう膜とは?ぶどう膜というのは、目の中でも血管が多い部分。異常があるとすぐ充血して、犬の白目が赤くなります。ぶどう膜炎を放置するとぶどう膜炎は、放置すると緑内障になる可能性が、とても高い病気です。ただの炎症と侮ることなく、早めに獣医師に診てもらいましょう。ぶどう膜炎の原...

犬の目が赤いとき、細菌が原因の可能性があります。例えばレプトスピラという菌が原因で起こる、レプトスピラ症などが有名です。レプトスピラという細菌についてレプトスピラというのは、レプトスピラ属の細菌。犬が感染症になるのは、この中でも病原性を持った、細菌によってのみです。この細菌は、犬だけでなく人にも感染します。レプトスピラ症になる原因犬の目が赤い状態にする、レプトスピラ症という感染症。原因として多いの...

犬の目に赤い膜が……これは瞬膜に異常がある状態かもしれません。瞬膜とは?犬のまぶたの裏側。ここに白っぽい透明な膜が存在しており、この膜を瞬膜や第三眼瞼(だいさんがんけん)と呼びます。目に白い膜があるだけであれば、心配する必要はありません。ただ、本来であれば目を開けている状態だと瞬膜は、目尻側に入り込むので、ほとんど見えなくなります。ですから、あまりにも瞬膜が出てしまっている場合は、注意が必要だと思...